病名

【糖尿病】人間と同じ糖尿病。高血糖で臓器に障害が起こり、遺伝性もあるので注意

糖尿病というと人間の病気と考えられがちですが、全ての生き物に該当する病気で猫も例外ではありません。糖尿病を患ってしまうと治療をするのに長い時間と費用だけでなく、猫自身の体にも負担が掛かります。大切な家族が病気にならないためにも糖尿病について正しい知識と予防法を知り、日頃から病気にならないように飼い主が気を付けてあげる事が大切です。

猫の糖尿病における症状と適切な見極め

猫の糖尿病は、人間と同様に体内にあるホルモンの一種であるインスリンが正常に働かなくなることで血液内にある糖が過剰に増えてしまう病気です。何らかの原因によってインスリンが正常に機能しなくなるとグルコースと呼ばれる糖質が蓄積された状態になり高血糖を引き起こします。高血糖状態が長く続くと膵臓や他のさまざまな臓器に障害が引き起こる可能性があるため糖尿病にならないために日頃からの予防が大切です。

糖尿病の初期症状として食事をいくら取っても体重が減少する、必要以上に水を飲む、それに伴いトイレに行く回数が増えるなどが見られます。症状がさらに進行してしまうと慢性腎不全を発症し、人工透析が必要になります。初期症状の段階であれば適切な治療によって完治も可能なので、初期症状のような物が見られたら病院で診察を受ける事が大切です。

猫の中でも特に糖尿病になりやすい種類を飼う場合の注意点

猫が糖尿病を発症する原因は加齢や肥満などさまざまな原因が考えられますが、数多くいる猫の中でも特に糖尿病になりやすい種類があります。それはシャム猫です。シャムは他の種類の猫に比べて元々糖尿病になりやすい体質を持っているだけでなく、子供達に遺伝しやすい傾向にあります。

母親のシャムが糖尿病を患っていると生まれてくる子供にも遺伝している可能性もありますが、日頃から適切に予防をする事で病気の発症を防ぐ事ができるので深刻に考える必要はありません。これは全ての猫に共通している事ですが、肥満になるとそれだけ糖尿病のリスクが高まってしまうので、シャムを飼っている人は特に日頃から体重の管理に気をつける必要があります。

糖尿病にならないために必要な適切な予防法

大事な家族が糖尿病にならないために日頃から気をつけておくべき予防法がいくつかありますが、1番大切な事は食事です。

糖尿病にならないためには日々の食事で膵臓に負担を掛けない事が重要になります。猫によっては早食い、ドカ食いといった食べ方をする子もいますが、これは膵臓に負担を掛けてしまうので、それらを予防するために小分けにして食事を与えることが効果的です。1度に摂取する食事量が少なければそれだけインスリンの分泌も抑えられて膵臓への負担も減らす事ができます。さらに糖尿病は肥満の猫ほど発症率が高くなるので、小分けにする事で体重の管理もしやすく肥満防止の効果も得る事ができます。食事だけでなく適度な運動も糖尿病の予防には効果的なので、定期的に飼い主が遊んであげて運動をさせることも大切といえます。

関連記事

  1. 【外耳炎】猫がかかる外耳炎は耳ダニが原因のことも。内耳に進行する…
  2. 【肥大型心筋症】猫の病気、肥大型心筋症は早期発見が大事
  3. 【気管支炎】悪化すると肺炎にもなる気管支炎。猫の咳にはよく注意し…
  4. 【疥癬】人間でもとても辛いダニの寄生!猫の疥癬という病気
  5. 【胃腸炎】猫が胃腸炎になる原因!病気にならない為にワクチンを!
  6. 【猫風邪】人には移らない猫風邪!ウイルスによる感染症で、重篤にな…
  7. 【猫エイズ】猫の病気で怖いもののひとつ、猫エイズ。外飼いの場合は…
  8. 【結膜炎】結膜炎は猫にもあり、治療に時間のかかる病気

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP