病名

【猫風邪】人には移らない猫風邪!ウイルスによる感染症で、重篤になることも!

人だけでなく猫も風邪をひくことがあります。いわゆる猫風邪というものですが、ウイルスによる感染症なのでただの風邪だと思っていると大変なことになりかねません。猫風邪とはどのような病気なのか、ご紹介します。

猫風邪は慢性化する病気?ウイルスによる様々な症状が起こる!

猫が特にかかりやすい病気として挙げられるのが猫風邪です。猫風邪は症状が進みやすく、長引きやすい病気なので注意する必要性があります。

この病気の主な原因は3種類のウイルスによるものであり、この病原体に感染すると免疫力が下がり、複数のウイルスに感染する恐れがあります。3種類のウイルスに共通する症状としてくしゃみや鼻水、40度以上の発熱、目やにや食欲低下など多くの症状が見られるので、これらをまとめて猫風邪と呼ばれることも多いです。これに加えて病原体ごとに違う症状が現れるだけでなく、とても感染力が強いので他の猫に瞬く間に移ったり潜伏期間が長かったりする為、適切な予防はもちろん、抗生物質を投与するといった適切な処置が必要です。

猫風邪にかかりやすい種類はいない?生後数ヶ月の猫は要注意!

猫がかかりやすい病気といっても特にこれといって猫風邪にかかりやすい猫の種類はいないとされています。しかし、生後数ヶ月の子猫やウイルスに対するワクチンを接種していない場合だとかかりやすくなります。子猫は生まれる前に親猫から抗体をもらっているので抗体がある間は病気にかかりにくいですが、抗体がなくなっていくにつれて病気にかかりやすくなるので注意しましょう。

ウイルスにはヘルペスウイルス、カリシウイルス、クラミジアの3種類があります。ヘルペスウイルスの場合、角膜炎や結膜炎の症状が見られます。カリシウイルスなら口の中に口内炎や舌炎の症状が見られ、クラミジアは目の炎症が起こるのが特徴で、長引きやすく慢性化しやすいので早めに抗生物質でクラミジアを完全消滅させるのが得策です。

子猫の時から適切なワクチンを接種してあげよう!

大切な猫を猫風邪から守る為には、子猫の時から混合ワクチンを接種させることが大切です。一つのウイルスのみならず複数のウイルスに感染する恐れがありますが、混合ワクチンを接種しておけば感染したとしても症状が軽く済むのでその分治療がやりやすくなります。

また、飼い主も猫に対する配慮が必要です。猫風邪が人間に移ることはありませんが、飼い主が猫風邪に感染している猫に触っていると、そこから感染してしまうケースもあるのです。外から帰ってきたら手洗いやうがいはもちろん、殺菌消毒するのも忘れないようにしましょう。特に多頭飼いをしている場合、他の猫にあっという間に感染させてしまうので、病気になったら隔離する必要性もあります。可哀想に思うかもしれませんが、被害を大きくしない為に大切なことです。

関連記事

  1. 【結膜炎】結膜炎は猫にもあり、治療に時間のかかる病気
  2. 【毛球症】毛球症は長毛種がかかりやすく、毛玉が吐き出せなくなる
  3. 【胃腸炎】猫が胃腸炎になる原因!病気にならない為にワクチンを!
  4. 【慢性腎不全】猫がかかりやすい慢性腎不全ってどんな病気?嘔吐、下…
  5. 【外耳炎】猫がかかる外耳炎は耳ダニが原因のことも。内耳に進行する…
  6. 【疥癬】人間でもとても辛いダニの寄生!猫の疥癬という病気
  7. 【リンパ腫】ガンになりやすいリンパ腫。脳に発症すると麻痺や発作、…
  8. 【膀胱炎】トイレの行き来を繰り返す?膀胱炎は猫にもある病気

コメント

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP