病名

【猫エイズ】猫の病気で怖いもののひとつ、猫エイズ。外飼いの場合は身近でかかりやすい

エイズは、人間にもよく知られている病気ですが猫の世界にも存在します。猫のエイズも急性疾患ではなく徐々に体が蝕まれるので病気に気づくのが遅れがちです。我々飼い主は、猫エイズにどう接すれば良いのか紹介します。

猫エイズの症状

猫の怖い病気の一つである猫エイズの症状は、段階によって変わります。感染した直後の急性期は、数ヵ月間風邪のような症状が出ます。下痢をしたりリンパ節などが腫れますが、次第に症状が治まってくるので多くの飼い主は単なる風邪だったと安心してしまいます。

次に無症状期となり、数年又は10年以上も無症状が続くことがあります。この間は健康な猫と全く様子が変わらないので、飼い主が異変に気付くのは困難です。ただ、他の個体をエイズに感染させる状態なので注意が必要です。そしてエイズ発症期となり、あらゆる症状が出ます。怪我が治らなかったり鼻水が止まらないなどして、やせ細ってしまい最終的には命を落としてしまいます。一番多いのは口内炎症状というデータがあるので一つの目安にしたいです。

かかりやすい猫の種類はあるの?

猫エイズにかかりやすい種類はありません。例えばシャムがかかりやすくてキジトラがかかりにくいなど猫の種類によって病気が左右されることはありません。ただ、自由に放し飼いしている場合と完全に屋内で飼っている場合では大きく異なってきます。と言うのも、猫エイズはほとんど感染している猫との喧嘩によって病気をもらうからです。交尾でも感染しますが、喧嘩で感染するケースが圧倒的に多いです。喧嘩でなくても、猫同士舐め合うことでも感染する可能性があります。気の許した猫同士は互いに毛づくろいをしますが、ウイルスは唾液にも含まれているのです。なので喧嘩や交尾をしていないからと言って安心するのは禁物です。血、唾液などとにかく体液に要注意です。

予防法は何か

猫エイズの予防法は、完全に家で飼い他の猫との接触も控えることです。外に出さなければ他の猫と喧嘩や交尾をしないのでエイズに感染することはありません。むしろ、外に出したらほぼ感染すると考えて下さい。他の飼い主が飼っている猫と仲良くさせるにしても、唾液で感染するのでなるべく接触は避けたいです。ただ、このように閉鎖的に育てるとストレスが溜まるので、遊び場所を作ったり去勢するなどの対策をしなければなりません。残念ながら予防注射もありませんし、治療法も確立されていないのが現状です。なのでもしかかってしまっても、健康的な生活を送らせて発症時期を遅らせるしかありません。なお、猫エイズは人間には感染しないので安心してください。

関連記事

  1. 【内部寄生虫症】内部寄生虫症は寄生虫に栄養を取られたり、食べ物で…
  2. 【慢性腎不全】猫がかかりやすい慢性腎不全ってどんな病気?嘔吐、下…
  3. 【リンパ腫】ガンになりやすいリンパ腫。脳に発症すると麻痺や発作、…
  4. 【甲状腺機能亢進症】甲状腺機能亢進症は10歳以上の猫がかかりやす…
  5. 【疥癬】人間でもとても辛いダニの寄生!猫の疥癬という病気
  6. 【外耳炎】猫がかかる外耳炎は耳ダニが原因のことも。内耳に進行する…
  7. 【胃腸炎】猫が胃腸炎になる原因!病気にならない為にワクチンを!
  8. 【歯周病】猫が歯周病にならないために病気の知識と予防法を学ぶ事が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP