病名

【内部寄生虫症】内部寄生虫症は寄生虫に栄養を取られたり、食べ物ではないものを食べ始める

寄生虫とは他の動物の体内に住みつき、その動物から栄養を吸収することによって生きる生物のことで、皮膚表面や皮下にとどまる外部寄生虫と腸などの臓器に住みつく内部寄生虫がいて、猫のかかる病気としても外部寄生虫症と内部寄生虫症の両方があります。

内部寄生虫症にかかった猫の症状

内部寄生虫症という病気は、猫の消化器官に寄生虫が住みついて消化物を栄養源にしたり、腸内に噛みついて血液を吸ったりして、このような寄生虫が体内で増えてしまうと、猫はしっかりと栄養を摂取できなくなり、元気がなくなったり、動作が鈍くなったりします。

また消化器官に寄生していますので、消化不良を引き起こしたり、下痢になったりといった症状が現れます。このほかにはお腹が膨れたようになり、異嗜症と呼ばれる食べ物ではない石や神、糞などを食べたりする症状が出ます。子猫の場合ですと発育不良を引き起こしてしまい、病気の発見が遅れてしまった場合、命にかかわる重大な事態にもなりかねませんので、非常に注意が必要な病気となっています。

かかりやすい猫とは

内部寄生虫症は、どんな猫でもかかる可能性はありますが、中でもかかりやすい猫がいて、それは幼齢の猫になります。回虫症や鈎虫症などの感染経路として多いのが胎盤感染や授乳感染になります。ですので、母猫が感染しているとかなり高い確率で子供も感染してしまいますし、また小さいと体力や免疫力も弱く、症状が現れると重症化しやすくなります。

このほかにもかかりやすい場合があるのですが、寄生虫の感染経路としては便などに生息していたり、清潔ではない場所に多く生息していて、それが口から侵入した場合で、それらの場所にある食べ物や水を飲んでしまう野良猫は感染している確率が高くなっていて、その感染率はほぼ100%と言ってもよいでしょう。

内部寄生虫症の予防方法

内部寄生虫症と一言で言っても、感染する寄生虫の種類は様々で、それぞれ予防方法も異なります。回虫症は小腸に寄生する内部寄生虫症で生命力も非常に強い為、予防するには日光や熱湯で猫の生活環境を殺菌して清潔な環境を保つようにしてください。腸管に寄生する小型の寄生虫である鞭虫症は検便で卵や虫体を確認して駆除するのですが、予防方法としては常に便の処理をきちんとして、常に清潔な環境を保ちましょう。また鞭虫の卵は日光に弱いので猫を日当たりの良い場所に居させるようにするのも効果的となります。猫の体の様々な場所に寄生して症状を引き起こすのはトキソプラズマ症になります。トキソプラズマ症の予防方法は猫の便を毎日処理するようにしてください。また人間にも感染する恐れがある寄生虫になりますので、必ずゴム手袋をして処理してください。

関連記事

  1. 【結膜炎】結膜炎は猫にもあり、治療に時間のかかる病気
  2. 【糖尿病】人間と同じ糖尿病。高血糖で臓器に障害が起こり、遺伝性も…
  3. 【皮膚炎】よくみられる病気の一つ、皮膚炎。ノミやダニ、疥癬、脱毛…
  4. 【猫エイズ】猫の病気で怖いもののひとつ、猫エイズ。外飼いの場合は…
  5. 【歯周病】猫が歯周病にならないために病気の知識と予防法を学ぶ事が…
  6. 【角膜炎】猫の目を大切に、角膜炎ってどんな病気?ウイルスが原因の…
  7. 【肥大型心筋症】猫の病気、肥大型心筋症は早期発見が大事
  8. 【膀胱炎】トイレの行き来を繰り返す?膀胱炎は猫にもある病気

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP