病名

【リンパ腫】ガンになりやすいリンパ腫。脳に発症すると麻痺や発作、下半身不随などの症状も

リンパ腫とは、白血球の一種であるリンパ球ががんになってしまう病気のことです。猫に一番多いがんで、その半数以上に猫白血病ウイルスの感染が関係しています。放っておくと命に係わる病気です。お医者さんと相談しながら治療を行っていきましょう。

リンパ腫になったときの症状

そもそもリンパとは、リンパ球と呼ばれる免疫に関係する血球や、リンパ節、脾臓、肝臓、消化管、骨髄などの組織のことを言います。リンパ組織とも言われます。これらの場所の細胞が増えすぎてしまう病気がリンパ腫です。リンパ組織は感染症や腫瘍の広がりから体を守る組織なので、ここががんになってしまうと免疫が役に立たなくなってしまいます。

猫がリンパ腫になると、部位によっていろいろな症状が現れます。体表面のリンパが腫れていると貧血症状を起こします。消化器にがんができると、下痢、嘔吐、食欲不振などを起こします。左右の肺と胸椎、胸骨に囲まれた縦隔に腫瘍ができると、咳や呼吸困難といった症状を起こします。神経に腫瘍ができることもあり、脳に発症すると発作や麻痺、脊髄に発症すると下半身不随といった症状が出ます。

年齢や品種によって発症率に違いがあるの?

リンパ腫を発症しやすい年齢はさまざまです。リンパ腫の多くは猫白血病ウイルスが原因だと言われており、このウイルスがリンパ腫を引き起こすことは明らかになっています。また、猫エイズウイルスにかかっている場合も発症リスクが高いと言われています。これらのウイルスに感染している場合、3歳ほどの若いときに発症することが多くあります。ウイルスに感染していなくても、人間と同じように自分の細胞ががんになることもあります。その場合は老齢での発症が多くなります。犬の場合は体表面のリンパが腫れるケースが多くなりますが、猫は消化管に腫瘍ができるケースが最多です。リンパ腫の場合、品種による発症リスクに差はないと言われています。

リンパ腫にならないためにはどうすればいいの?

リンパ腫の予防には、ワクチンが有効です。これは猫白血病ウイルスがリンパ腫の大きな原因の一つであるからで、その対策をすることでリンパ腫から守ります。ただしワクチン誘発性腫瘍という、ワクチンをうったことで腫瘍ができるケースと言うものも存在します。発症率は非常に低いですが、事前にお医者さんの説明を良く聞いて飼い主が判断するようにしましょう。

ウイルスに感染しないようにすることも大切です。白血病猫ウイルスは、唾液、尿、涙、母乳、血液といったものから感染します。猫をたくさん飼っている場合、一匹が感染していると他の猫にも感染する可能性が高くなります。猫エイズウイルスは、ケンカなどでできた傷から感染することが多いです。注意しておきましょう。

関連記事

  1. 【肥大型心筋症】猫の病気、肥大型心筋症は早期発見が大事
  2. 【気管支炎】悪化すると肺炎にもなる気管支炎。猫の咳にはよく注意し…
  3. 【角膜炎】猫の目を大切に、角膜炎ってどんな病気?ウイルスが原因の…
  4. 【皮膚炎】よくみられる病気の一つ、皮膚炎。ノミやダニ、疥癬、脱毛…
  5. 【慢性腎不全】猫がかかりやすい慢性腎不全ってどんな病気?嘔吐、下…
  6. 【歯周病】猫が歯周病にならないために病気の知識と予防法を学ぶ事が…
  7. 【結膜炎】結膜炎は猫にもあり、治療に時間のかかる病気
  8. 【甲状腺機能亢進症】甲状腺機能亢進症は10歳以上の猫がかかりやす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP