病名

【慢性腎不全】猫がかかりやすい慢性腎不全ってどんな病気?嘔吐、下痢、便秘に要注意

腎臓病は、F.L.U.T.D.(猫の下部尿路疾患)に次いで、猫がよくかかる病気です。どの年齢の猫も発症しますが、特に多いのが高齢になってから病気になるケースです。腎臓病が進行すると慢性腎不全に至り、いろいろな健康障害が現れるようになります。

慢性腎不全ってどういう病気?

腎臓は血液を綺麗にする役割を持っています。腎臓にはネフロンという場所があり、そこで血液がろ過され、不要な老廃物は尿と共に体の外へ排出されます。このネフロンが少しずつ壊れていき、腎臓全体の機能が低下してしまうのが慢性腎不全です。発症すると食欲不振、嘔吐、体重減少や下痢、便秘と言った症状が現れます。他にも、水を大量に飲んで薄いおしっこを大量にするようになります。猫の慢性腎不全は進行性の病気で、症状が進むと体の中の老廃物を外に出せなくなり、最悪死んでしまうこともある怖い病気です。しかしなかなか症状が現れにくい病気でもあるので、定期的に健康診断を受けたり、水を頻繁に飲むようになるといった症状のサインを見落とさないようにするのが大切です。

かかりやすい年齢や品種がある?

慢性腎不全は高齢の猫に多い病気です。これは加齢とともに腎臓で血液をろ過しているネフロンが壊れていくことが原因だと言われています。しかし高齢の猫しかかからないという訳ではなく、どの年齢の猫でも発症する可能性があることに気を付けておきましょう。腎臓の機能は一度壊れると元に戻ることがありません。そのため、症状を抑えるには出来るだけ早く発見し、食事療法などで残っている健康な部分の機能を維持することが大切になります。また、発症しやすい品種も確認されています。アビシニアンやペルシャ、ヒマラヤンなどがそうで、遺伝的に腎臓の病気になりやすいと言われています。これらの種類の猫には、特に気を付けてあげることが大切です。

慢性腎不全を予防するには?

慢性腎不全を予防するには、早期の検査と普段の食事が大切になります。腎臓の病気はかなり重くならなければ発見できないので、知らない間に症状が進行していた、という状況を防ぐためにも、若いときから定期的に検査を受けることが大切です。若い時から食事に気を遣い、出来るだけ腎臓に負担をかけないようにすることも有効な予防方法です。塩分やミネラル、脂肪分を抑えたバランスの良い食事を与えます。猫はあまり水を飲みませんが、水分もしっかりとれるように工夫しましょう。また、ウイルスや細菌が病気のきっかけになることもあるので、ワクチン接種で予防できる病気は予防しておくことも大切です。肥満が原因で免疫力が落ち、感染症になることもあるので、肥満予防も効果的です。

関連記事

  1. 【結膜炎】結膜炎は猫にもあり、治療に時間のかかる病気
  2. 【猫伝染性貧血】病原体に感染して発症する貧血。猫の品種は関係なく…
  3. 【毛球症】毛球症は長毛種がかかりやすく、毛玉が吐き出せなくなる
  4. 【猫風邪】人には移らない猫風邪!ウイルスによる感染症で、重篤にな…
  5. 【膀胱炎】トイレの行き来を繰り返す?膀胱炎は猫にもある病気
  6. 【肥大型心筋症】猫の病気、肥大型心筋症は早期発見が大事
  7. 【歯周病】猫が歯周病にならないために病気の知識と予防法を学ぶ事が…
  8. 【胃腸炎】猫が胃腸炎になる原因!病気にならない為にワクチンを!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP