病名

【皮膚炎】よくみられる病気の一つ、皮膚炎。ノミやダニ、疥癬、脱毛症、アレルギーなど原因は多岐に渡る

猫の病気の中でも皮膚炎はよく見られるものです。皮膚炎の種類やそれぞれの症状はどういったものでしょうか。種類によって皮膚炎にかかりやすい猫もいるので、要注意です。予防策を知り、皮膚炎にかかるリスクを減らしていきましょう。

皮膚炎の症状とは?

猫によく見られる病気として皮膚炎が挙げられます。ノミやダニなどの害虫による皮膚炎もあれば、脱毛症や疥癬症、食物アレルギーなど種類も多い病気です。症状としては、痒みやひどい抜け毛が目立つようになったり、皮膚が赤くただれたりします。体臭がしたりフケが出たりする場合もあるでしょう。湿疹や吹き出物のような発疹が見られることもあります。これらの症状はいくつも重なる場合もあれば、順番に現れることもあり、早めに飼い主が異常に気付くことで悪化せずに済むでしょう。

死に至るような病気ではありませんが、皮膚炎のせいで倦怠感や食欲不振が現れる猫もいるので注意が必要です。寄生虫などが原因のほかに、食生活やストレスや衛生状態なども関係してきます。

どんな猫が皮膚炎にかかりやすいの?

皮膚炎は免疫力が低下している際に起こりやすくなります。子猫や老いた猫は抵抗力がないのでウイルス感染もしやすいと言えるでしょう。治りも時間がかかるので気を付けなければなりません。また毛並の長い猫も寄生虫が付きやすい上に、毛玉を取るために舐めすぎて脱毛しやすくなるので注意が必要です。自分で毛並を舐めすぎて皮膚が炎症を起こしてしまう舐性皮膚炎に気を付けましょう。

種類別に見てみると、シャム猫はアレルギーが生じやすく、特に食物アレルゲンに関して敏感なので食べ物による皮膚炎になりやすいとされています。またペルシャは皮膚糸状菌症に、アビシニアンは脱毛症になりやすいので、普段から気を付けて見てあげるようにしましょう。

皮膚炎を予防するために・・・

猫の皮膚炎を予防するためには、まず皮膚や毛並を清潔にすることが大切です。害虫が付くのを避けるためには、害虫予防のシャンプーでこまめに体を洗ってあげると良いでしょう。室内飼いを徹底するのもひとつの対策です。こまめにブラッシングをしてやることで、毛の汚れが落ちると共に皮膚の血流も良くなり皮膚炎を起こしにくくなります。

食生活においてはアレルギーを起こしやすい肉類や小麦粉などを与える際には注意しなければなりません。さらにストレスが皮膚炎の原因になることもあります。猫を留守番させて外出することが多かったり、エサの場所が変わったりするだけでストレスを感じる猫もいるので、気を付けてあげましょう。スキンシップを取ることも大切です。

関連記事

  1. 【結膜炎】結膜炎は猫にもあり、治療に時間のかかる病気
  2. 【気管支炎】悪化すると肺炎にもなる気管支炎。猫の咳にはよく注意し…
  3. 【角膜炎】猫の目を大切に、角膜炎ってどんな病気?ウイルスが原因の…
  4. 【胃腸炎】猫が胃腸炎になる原因!病気にならない為にワクチンを!
  5. 【糖尿病】人間と同じ糖尿病。高血糖で臓器に障害が起こり、遺伝性も…
  6. 【猫エイズ】猫の病気で怖いもののひとつ、猫エイズ。外飼いの場合は…
  7. 【甲状腺機能亢進症】甲状腺機能亢進症は10歳以上の猫がかかりやす…
  8. 【内部寄生虫症】内部寄生虫症は寄生虫に栄養を取られたり、食べ物で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP