病名

【膀胱炎】トイレの行き来を繰り返す?膀胱炎は猫にもある病気

猫のトイレの手入れをする時に、尿の色がいつもと違っていませんか?また、トイレへの行き来を頻繁に繰り返す場合は泌尿器官に問題があるかも知れません。膀胱炎になってしまうとこの状態になってしまいますが、何故発症してしまうのでしょうか?原因と条件から、予防の手立てを考えてみましょう。

膀胱炎になる原因と症状、対処の方法はどんなもの?

猫の膀胱炎は原因が数多く存在しますが、発症例で特に多いものとして細菌感染、尿結石の蓄積、ストレスの影響という順番で存在します。発病後は炎症の不快感から共通のアクションとして、頻尿の行動をとる様になります。この状態では膀胱自体の性能も落ちている為、一回あたりの尿の量も少なくなります。尿結石が膀胱内で影響を与えている場合は、石が膀胱内を傷付ける事から血尿も併発します。この結果、尿の色がいつもとは全然違うものになります。

細菌感染の場合は、抗生物質または抗真菌剤の投与による有害菌活動の沈静化が必要になります。尿結石が影響している場合は、石の溶解、又は摘出で体外への排出が必要になります。ストレスが原因の場合は、ストレスの解消と共に食餌療法で膀胱の機能を回復に向けて改善させる対応が必要になります。膀胱の炎症という病気ですから、発病後の対処には、正しい原因の特定と対応が必要です。

膀胱炎にかかりやすい品種や条件はあるの?

猫の膀胱炎は、膀胱と尿道の距離が短い雌猫の方が、雄猫に比べて発病し易い病気です。また、ヒマラヤン、アメリカン・ショートヘアー、スコティッシュ・フォールドは尿結石を発症しやすい品種ですが、尿結石は膀胱炎発症の遠因の一つでもあります。発症の可能性も同様に持っていると考えられます。季節の変わり目等で餌の養分構成やタイプを変えた場合、栄養の偏りや水分不足が起きる場合があります。水分の不足は尿の量を減少させ、体内に老廃物を蓄積させてしまいます。老廃物の蓄積は細菌に対する抵抗力の低下を意味しますから、発症の可能性を引き上げるものになります。

特に、寒い冬でドライフードタイプの餌に切り変えた場合は、食後の喉の渇きを水の冷たさで十分に潤す事が出来ず、水分不足の状態になりやすくなります。この状態が長く続けば、腎臓の機能にも影響を与える様になり、抵抗力の低下という形で各内臓器官にダメージが入ることになります。

膀胱炎を予防するにはどうすれば良い?

猫の膀胱炎を予防する為には、体内に老廃物を溜め込まない様にする事です。排尿に必要な水分補給の機会を増やす為に、飲み水用のケースを増やし、こまめに交換を行いましょう。猫1匹の場合、水飲み場は2~3か所設置できれば理想的です。トイレの手入れもこまめに行いましょう。手入れが行き届いていない場合、トイレの砂の中に生息する細菌が尿道を伝い、細菌感染の条件を成立させてしまいます。

又、猫の餌で一般食タイプの物を与えている場合は、栄養のバランスを崩している可能性があります。栄養バランスの崩れも病原菌への抵抗力を落とす原因の一つの為、総合栄養食タイプの物への変更を検討しましょう。総合栄養食であれば、少なくとも栄養バランスの崩れは取り戻す事ができます。栄養バランスを取り戻す事が出来れば、病原菌への抵抗力も回復に向かい、大きな病気にかかる可能性も低くなります。

関連記事

  1. 【胃腸炎】猫が胃腸炎になる原因!病気にならない為にワクチンを!
  2. 【皮膚炎】よくみられる病気の一つ、皮膚炎。ノミやダニ、疥癬、脱毛…
  3. 【結膜炎】結膜炎は猫にもあり、治療に時間のかかる病気
  4. 【気管支炎】悪化すると肺炎にもなる気管支炎。猫の咳にはよく注意し…
  5. 【尿路結石】オスがかかりやすい尿結結石。気付かなければあっという…
  6. 【甲状腺機能亢進症】甲状腺機能亢進症は10歳以上の猫がかかりやす…
  7. 【慢性腎不全】猫がかかりやすい慢性腎不全ってどんな病気?嘔吐、下…
  8. 【外耳炎】猫がかかる外耳炎は耳ダニが原因のことも。内耳に進行する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP